個人・法人の問題解決から企業のコンサルティングを行うトータルアドバイザー

カーコーティング事業(CrystalOne)

カーコーティングとは、車の塗装の上に油脂や樹脂やガラスなどの成分でコート(覆う)することです。塗装されたそのままの状態では、傷や汚れが付着しやすい上に、紫外線によって塗装が劣化する恐れがあります。カーコーティングで作られる被膜が外部からのダメージを代わりに受けることで、車の塗装をキレイな状態に保つことができます。

作業手順

1.洗車・鉄粉除去・拭き取り

最初は水洗いからはじめ、それでも落ちない汚れは車用シャンプーで汚れを落とします。洗車スポンジはボディーを傷つける恐れがあるため、洗車用のファイバークロスを使用すると便利です。洗車中に、鉄粉除去用粘土で鉄粉を落とします。粘土は適度な大きさにちぎって柔らかくなるまで揉み、水で濡れているボディーをツルツルになるまで軽く擦ります。洗車後の拭き取りも、マイクロファイバークロスを使うと残った汚れも一緒に拭き取ることができます。

2.磨き

ボディーが乾燥したら、磨きの作業に入ります。スポンジなどにコンパウンド剤を付けて磨きます。一度に広範囲を磨くよりも、30cm四方ほどの大きさで少しずつ磨くといいです。また、コンパウンド剤が乾いてくるので、研磨が終わった部分はクロスで拭き取ります。拭き取った部分に傷が残っていたら、再度磨くとより完璧な仕上がりになります。ポリッシャーは研磨する部品であるバフにコンパウンド剤を数滴垂らし、塗装面に垂直になるように当てて磨きます。

3.ボディーの脱脂作業

ボディーに付着している磨きカスや、コンパウンドに含まれている油分を落とすのが脱脂作業です。脱脂剤を染み込ませたマイクロファイバークロスで拭きます。拭いた跡が乾く前に、乾燥した別のクロスで拭き上げるとより効果的です。また、使用するクロスは使い古しのものだと油分がすでに付着しているため、必ず新品のクロスを使用して下さい。脱脂作業をするとガラスコーティング剤がしっかり密着し、コーティングの効果が高い仕上がりになります。

4.ガラスコーティング剤を塗る

ガラスコーティング剤に付属している専用スポンジに染み込ませたら、パーツごとに区切りながら順番に塗っていきます。多く塗りすぎたり塗りムラができないように、均一、かつ丁寧に塗ること意識して作業することが需要です。ひと通り塗り終えたら、塗り残しやムラがないかをライトで光を当ててチェックします。

ご相談はこちらから

>
CTR IMG